Profile

ちはや

Author:ちはや



+++++ちはや+++++
Flickr:sakura_chihaya+
Photo is proof of my life.

メールはこちら

※ブログ内の写真をクリックすると、
  Flickrにジャンプします。
  ブログで紹介し切れなかった写真は
  こちらにアップしています。

ブログ内で使用されている写真について
Creative Commons License

当ブログで使用されている写真は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

の下でライセンスされています。

Recent Articles

Link

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

y-Generation II

11212 : Me→Man→109
11212 : Me→Man→109
GR DIGITAL III /w Adobe Lightroom 2.6 & PhotoShop <View Large>

この写真を撮ったとき、私は滞在予定のホテルを探して東京迷子になってました。(←またか)

それはおいといて。
現在開催中の y-Generation II を見に東京へ。
大和田 良さん、大串祥子さん、喜多村みかさん、渡辺伸次さんの4人の作品が展示されています。
写真でありながら温度や湿度まで感じられそうな世界、透明感あふれる美しい世界の連続、
規律と秩序に彩られた女子眼福のめくるめく世界、心のどこかに残された記憶をたぐるように
吸い込まれてゆく世界…。

異なる四者四様の世界が一つの空間で共鳴しあっていることが信じられないほど調和された空間。
作家さんご本人に作品についてお話を聞くこともでき、凝縮された時間を過ごしました。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

y-Generation II は3月8日(月)まで、渋谷西武 B館8階 美術画廊で開催中です。
個人的に東京へお越しの際にはぜひ足をお運びいただきたい展示です。:)

関西では百貨店内にギャラリーがあっても、メディアで大きく取り上げられたり、
世界的に有名な方の展示が主で、こうした若手の作家の作品展が催されることはあまりありません。
地域における差なのかどうかはわかりませんが、活躍の場を求めて作家が流出してしまうのは
仕方のないことなのかもしれないと、今回バイヤーの皆さんの心意気を会場で感じて思いました。

GR BLOGのトラックバック企画「街」に参加します。
追記:My ReTweet

こうした写真展をカメラメーカーではなく、大手の百貨店が
企画してくださったことに感動しながら帰阪しました。
箱は用意するから大いに売ってくれではなくて、
土壌を用意するから育っていってねという気概が素晴らしい。
もっともっと増えていくといいですね。

ギャラリーやメーカーの展示だと展示作品を売ってはいても、
どうしても分かる人が見る前提になりやすい気がします。。
日本では[写真を売る]ことに背徳のようなものを感じる方が少なくないと
聞いたことがあるので、バイヤーが入ることで作家が作品を売ることを意識できるのは
今回の展示の良い点だと感じました。

観る側も百貨店が間に入っていることで買う意識もでますね。
今回私も小さな作品を一点購入させていただきました。

FC2Ad

相続 会社設立