Profile

ちはや

Author:ちはや



+++++ちはや+++++
Flickr:sakura_chihaya+
Photo is proof of my life.

メールはこちら

※ブログ内の写真をクリックすると、
  Flickrにジャンプします。
  ブログで紹介し切れなかった写真は
  こちらにアップしています。

ブログ内で使用されている写真について
Creative Commons License

当ブログで使用されている写真は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

の下でライセンスされています。

Recent Articles

Link

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車に乗って- 因島 -

R0029120.jpg
重井~中庄の途中
R0029126.jpg
村上水軍城近くの菩提寺にて
R0029131.jpg
青影トンネルを通ったようです(抜けてから気づいた)

因島に着いたといっても、当然何のプランもなく。
地図を見ながら、とりあえずフェリー乗り場のあるという重井港辺りを走ることに。
しかし人の少ない沿岸沿いを走るのにも限界を感じて、
人恋しさに街のある方向へと進路を変えました。

のんびりとした街並みを走っていると、農作物の無人販売所が数多くあることに気づきました。
信頼関係がないと成り立たない販売形式がこれだけ多くあるということにビックリ。
島に生きる人たちの人となりを見た気がしました。

途中、昨年秋の社員旅行で行ったという水軍城に立ち寄りました。
特筆すべきは特にない・・・のですが、ここで大粒の雨が降ってきたため、
慌てて道を引き返し、セレモニーホールの軒下で雨宿りしました。
天候と自分の体力を考えると、土生までは行けそうにないことから
田熊町へ降りて、重井港を目指すことに。

国道沿いをしばらく進むと、一軒のプレハブと横断幕が。。
さすが、因島をあげて応援してるのねー。
などと思いながら何枚か撮らせていただきました。
R0029128.jpg
しかし、この後立ち寄ったお好み焼きやさんで、
ここがメンバーの実家付近だということを知りました。
しかもここを目指して皆来るとか・・・みんなよう知ってるなー。
(自分が知らな過ぎなんだろうか)

田熊へ降りるための道を確認すると、また坂道・・・。
体力は尽き掛けていましたが、ここを通らないと帰れないのでしばらく登ることに。
トンネルの幅が狭いので、トンネル内では自転車にまたがって通過しました。
お車で走行中の皆さんにはご迷惑おかけいたしました。(ペコリ)

そして通り過ぎてから、そのトンネルが青影トンネルだということに気づくのでした。(遅)

FC2Ad

相続 会社設立