Profile

ちはや

Author:ちはや



+++++ちはや+++++
Flickr:sakura_chihaya+
Photo is proof of my life.

メールはこちら

※ブログ内の写真をクリックすると、
  Flickrにジャンプします。
  ブログで紹介し切れなかった写真は
  こちらにアップしています。

ブログ内で使用されている写真について
Creative Commons License

当ブログで使用されている写真は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

の下でライセンスされています。

Recent Articles

Link

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父より

R0029169.jpg
GR DIGITALで撮るトラックバック企画第16弾「我が家」に参加


父から年賀状が届いた。

少々ぎこちなくはなったけれど、彼らしい字体が宛名に文面に踊っている。
彼に憧れて習字を習いたいと言い出したのは、小学校に上がるころだっただろうか。
年賀状に絵をつけた筆で、古新聞に書いた「冬」の文字を褒めてくれた寒い朝と、
春になり、彼について行った書道教室で、初めて筆をとった日を今でも覚えている。

彼とは戸籍上で親子ではなくなった日から、長く逢っていない。
力強く踊る「迎春」の文字に比べて、年賀状の隅に遠慮がちに書かれた
「父より」の文字を、彼はどんな気持ちで書いてくれたのだろう。

忘れずにいてくれてありがとう。
そんな気持ちをこめて、返す年賀状に「娘より」と入れてみた。
少し照れくさい。

今度実家に帰る時には、父の好物を持って会いに行こう。
そういえば、父の好物って何だっけ?
土産を手にした花の盛りを過ぎた娘を見て、あなたはがっかりするだろうか。
そして歳を重ねたあなたを見て、私はどう感じるのだろうか。

そんなことを考えながら、幼い頃に憧れた父の筆を繰る姿と
豪快に踊る年賀状の文字を重ねる松の内です。

FC2Ad

相続 会社設立