Profile

ちはや

Author:ちはや



+++++ちはや+++++
Flickr:sakura_chihaya+
Photo is proof of my life.

メールはこちら

※ブログ内の写真をクリックすると、
  Flickrにジャンプします。
  ブログで紹介し切れなかった写真は
  こちらにアップしています。

ブログ内で使用されている写真について
Creative Commons License

当ブログで使用されている写真は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

の下でライセンスされています。

Recent Articles

Link

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省記 #5

Nagano2007 #44
CONTAX+167MT with CONTAX Distagon 2.8/35AEJ
本日も晴天なり。暑い一日でした。

(2枚目以降)GR DIGITALで撮るトラックバック企画「ご当地自慢」に参加

迎え盆のこの日、たまには観光もということで上田城へ行ってきました。
今年のNHK大河ドラマで山本勘助や武田信玄、そして真田一族が
取り上げられていることもあって、上田城の駐車場には
県外ナンバーの車がたくさん停められていました。
Nagano2007 #32
GR DIGITAL /w PhotoShopElements5.0
下の駐車場から上田城址へつながるけやき道。
戦国時代には兵の集合場所に使われていたそうです。
Nagano2007 #34
GR DIGITAL /w PhotoShopElements5.0
併設されている博物館をまわってお勉強の後、大手門をくぐったところ。
上田城とありますが、現在は復元された大手門と西と南の櫓があるのみで
城自体は残っていません。
ここにも「風林火山」ののぼりが翻っていました。
Nagano2007 #31
GR DIGITAL /w PhotoShopElements5.0
櫓へ登る前に、真田神社へ。
少ない兵で徳川軍を破ったことに由来しているのか、知恵の神様として祀られています。
家紋は3つ。正面が上田城を築いた真田氏の六文銭、(その後松代へ移封されました)
向かって右が江戸初期から中期までこの地を治めた仙石氏の永楽通宝紋、
向かって左が江戸後期から明治維新までこの地を治めた松平氏の五三の桐です。
(参考:その時天下を動かした実録上田城の歴史
向かって左手から奥に行ったところには、「真田井戸」があります。
この井戸には実は抜け穴があり、城の北にある太郎山の麓の砦とつながっていたとか。
真田らしいエピソードの一つです。

このあと櫓からの景色を楽しんで、遅いお昼を食べに
もと来た道を戻ったのでした。
それにしても暑かったー!

FC2Ad

相続 会社設立